タグ「REVIVE」が付けられているもの

HGUC 1/144 百式(REVIVE)

機動戦士Zガンダムより、シャ・・・クワトロ・バジーナ大尉の乗機、百式がREVIVEで登場!
1999年10月に、HGUC No.5として発売した百式が17年の時を経て新生!
やはりシリーズ初期のキットがREVIVEになるのはうれしいですね。

2016年8月発売、定価は1944円です。
内容物は9ランナー+ポリキャップ+シール2種です。

百式REフロントビュー
フロントビューです。

哀戦士のポスターなどで有名な、ガンダムリアルタイプカラーの21世紀版がHGUCで登場!
その昔、1/100キットで発売されたガンダムリアルタイプを彷彿とさせるキットです。
REVIVEガンダムのバリエーションキットなので、配色が当時のリアルタイプと異なります。
また、デカールもガンキャノンとは違い、旧キットのままではなく、アレンジが効いています。
ガンキャノングフと同じく、当時のリアルタイプカラーを塗装で再現してみました!

キットの内容物は、4ランナー+ポリキャップ+シール+水転写式デカールです。

ガンダムリアルタイプフロントビュー
フロントビューです。

HGUC 1/144 グフ(21stCENTURY REAL TYPE Ver.)

大河原先生が描かれたドダイの上で仁王立ちするグフの絵をベースに、グフREVIVEの成型色替えで21世紀版リアルタイプグフが登場!
ガンダムとガンキャノンは1/100の旧キットが存在しますが、グフはリアルタイプキットは今回は初ですね。
プレミアムバンダイ限定のキットとなっています。
ランナーの関係で、大河原先生の絵のカラーリングと若干異なっているので、元ネタに合わせて部分塗装してみました。

キットはグフREVIVEの成型色変えで、水転写式デカールが新たに付属します。

グフリアルタイプフロントビュー
フロントビューです。

1982年に1/100スケールで発売していたガンキャノン(リアルタイプモデル)が、プレバン限定キットで21世紀版としてHGUCに登場!
なぜ今なのか結構謎ですが、川口名人が監修されているようです。
パッケージも、プレバンキットにしてはカラーで凝った作りになっています。
21世紀版と銘打っているものの、キットの成型色の都合でカラーリングが変更されているようなものなので、当時のリアルタイプの配色とは異なっています。
デカールはほぼ当時のマーキングが再現できるので、あえて当時のリアルタイプカラーに沿って作ってみました。

キットはガンキャノンREVIVEのバリエーションで、スプレー・ミサイル・ランチャーが新規造形で付いてきます。
内容物は7ランナー+ポリキャップ+水転写式デカールです。

ガンキャノンリアルタイプフロントビュー
フロントビューです。

なにやらニッパーの切れ味が最近悪い気がしてならない今日この頃。
まあよく考えてみれば、10年弱使っているような。。。そろそろ買い替えかな。
濃い成型色のキットを作っていると、ゲート跡が目立つのでなおさらです。
てなわけで、続きです。

ガンダムMk-II(黒)REボディ
ボディのパーツです。