HGUC 1/144 ギャン・クリーガー

PS2のゲームである「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記」より、ギャン・クリーガーがプレバン限定キットとしてHGUC化!!
その後のシリーズにも登場していますが、初出は上記のゲームのようです。

もしもゲルググではなく、ギャンが正式採用された場合の、ゲルググ・イェーガーにあたるバリエーション機として設定されています。
イェーガーがドイツ語で狩人なのに対し、クリーガーは戦士だそうです。
なかなかマニアックなものをキット化したものですw

一応REVIVEギャンの関節パーツを流用していますが、外装はすべて新規造形です!
内容物は8ランナー+ポリキャップ+シールです。

ギャン・クリーガーフロントビュー
フロントビューです。

ドムのようなパープルと黒のツートンカラーです。
何でしょう、ツィマッド社のカラーリングなのでしょうか?
足が長く、顔が小さいヒーロー体系です。
いかにもギャンの発展型といったデザインです。

ギャン・クリーガーリアビュー
リアビューです。

バックパックが特殊なデザインです。
ジオンにしてはほぼ鋭角なデザインですね。
センサー?の部分のグリーンはシールです。
バックパックのスラスター内部の赤は、塗装です。

ギャン・クリーガーバストアップ
バストアップです。

小顔です。
モノアイはシールで、可動もないです。
ボディのパーツはよく色分けされていて、ダクトやコクピットブロックは赤いパーツです。
肩のダクトは全然色が足りなくて、赤とミッドナイトブルーは塗装しています。

ギャン・クリーガー腕可動
腕の可動です。

肩は腕が145度くらい上がります。
ひじは二重関節で、ほぼ180度曲がります!

ギャン・クリーガー肩関節
肩関節の可動です。

スイング機構があり、前側に可動します。
ボディの上部や、肩の一部に合わせ目が出ますね。

ギャン・クリーガー腰可動
腰の可動です。

干渉するものがないので、360度回転します。
前かがみもボールジョイント接続でできますが、REVIVEギャンのようにお辞儀まではできません。

ギャン・クリーガー足可動
足の可動です。

ももは90度まで、ひざは145度程度曲がりますね。十分です!
ギャンと同じでつま先も可動します。

ギャン・クリーガー開脚
本日の開脚!

ギャンと同じで素晴らしいです。
ただ、これもギャンと同じで接地性は悪いです。

ギャン・クリーガー武器一覧
武器一覧です。

ビーム・ランスとランチャー・シールドです。
ランスの刃はクリアパーツです。いいですね!
シールドは色分けがパーツでされています!
しかし、すごいデザインですね。

ギャン・クリーガーフル装備
フル装備です。

ランスは専用の持ち手で、手首に可動域が増えます!
シールドは、接続ではなくただ手で持っているだけです。

ギャン・クリーガーアクション01
ビーム・ランスを構えて!

手首の可動のおかげで、ポーズの表情付けができます!

ギャン・クリーガーアクション02
ランチャー・シールドで!

アクションベース5を使用しています。
シールド裏に、二連装ビーム・ガンが装備されています。

ギャン・クリーガーアクション03
突きのポーズ!

各部可動のおかげで、ポーズ付けに苦労はないですね。

ギャン・クリーガーアクション04
ランスを構えて。

騎士のようなポーズも可能w
ランスが長くていいです!

ギャン・クリーガーおまけ01
REVIVEギャンと並べて。

さすがにシルエットはそっくりですね。
ただ、細部は全然デザインが違います。

ギャン・クリーガーおまけ02
後ろから。

クリーガーの方が鋭角的なデザインです。
よくよく比べると、クリーガーの方が細いですね。

ギャン・クリーガーおまけ03
最後はポーズをつけて!

というわけで、HGUCギャン・クリーガーでした!
もうキット化自体が奇跡!まあ出来はそこそこでしたw
でも可動は十分です。コレクションとしては最適ですね!

総合評価:★★★★☆