HGUC 1/144 イフリート・ナハト

PS3のゲーム「ガンダム戦記」に登場したイフリート・ナハトが、プレバン限定キットでHGUC化!
イフリートシリーズは人気なんでしょうね。
ほとんどがプレバン限定キットとは言え、かなりのバリエーションが出てます。

設定では、マの人が所有していた本機を、連邦軍が接収。
なぜかこの時期に稼働実験が行われてたところを、奪取されるという王道ブンドリパターンですw
このゲームの主人公の一人、インビジブル・ナイツのエリク・ブランケがパイロットを務めます。

キットは、2017年7月発売のHGUCイフリート・シュナイドのバリエーションキットです。
定価は2484円と、ちょっと高めです。
内容物は、8ランナー+ポリキャップ+シールですが、かなりの余剰パーツが出ます。

イフリート・ナハトフロントビュー
フロントビューです。

色味の違うダークパープル2色で、渋いカラーリングとなっています。
イフリートの改修機というよりは、イフリート改と共通のパーツが多いです。

イフリート・ナハトリアビュー
リアビューです。

バックパックが特徴的ですね。
スラスターはすべて角形になっていて、内部のオレンジは塗装です。
バックパックのグレーの足りない部分も塗装しています。

イフリート・ナハトバストアップ
バストアップです。

ジオンのMSにしては、ボディがスリムでヒーロー体系ですね。
モノアイはシールで、モノアイシールドはグレーなので黒で塗装しています。
この写真だと、ダークパープル2色の違いが分かりやすいですね。
スパイクアーマーのトゲは、すべて別パーツになっているので、無くさないように注意ですw
キットのままだとスパイクの先が丸められているので、とがらせるといいかもしれません。

イフリート・ナハトモノアイ可動
モノアイの可動です。

頭頂部のカバーと外すと、つまみがあり、それでモノアイの角度を変えることができます。

イフリート・ナハト腕可動
腕の可動です。

肩は、基部を上の方にスイングできるため水平まで上がります。
ひじも見た目以上に曲げることができますね。

イフリート・ナハト肩関節
肩関節の可動です。

さすがほぼ最新フォーマット!
内部メカごと肩関節を引き出すことができます!
これにより、前後のスイングも可能になっています。

イフリート・ナハト腰可動
腰の可動です。

肩関節であんなに褒めたのに、腰は全然です。。。
動力パイプがバックパックへつながっているため、まったく回転できません。。。
一応前後スイング機構はあります。

イフリート・ナハト足可動
足の可動です。

こちらもフォーマットでの利点をデザインが殺していますね。。。
もも側面についているアーマーのせいで、ももがあまり上がりません。
同じ理由で、ひざもあまり曲がりません。
さらに、開脚もできません。。。
まあ仕方ないですね。
脚部のスラスター以外のグレーの部分は、塗装が必要です。

イフリート・ナハト武器一覧
武器一覧です。

コールド・ブレードと鞘、コールド・クナイが4本です。
ゲームではナハト・ブレードだったんですが、いつの間にコールド・ブレードになったんでしょうかw
ブレードの刃をシルバーに、持ち手をグレーで塗装。
クナイも持ち手をグレーで塗装しています。

イフリート・ナハトフル装備01
フル装備です。

クナイは各部のハードポイントにマウント可能です!
左腕の三連装ガトリングガンは、差し替えで展開状態になります。
各部の和風な装甲と相まって、忍者を彷彿とさせるいでたちです。

イフリート・ナハトフル装備02
後ろから。

コールド・ブレードをバックパックにマウントすることができます。
まさしくニンジャ!ニンジャ?ナンデ!?

イフリート・ナハトアクション01
三連装ガトリングガンで!

ゲームでも固定武装として使うことができました。
まあサブウェポンですね。

イフリート・ナハトアクション02
ダッシュ格闘のイメージでw

迫ってくる感じがカッコいいですw
ただ、やはり足の可動のせいで、ポーズが制限されるのは否めないです。

イフリート・ナハトアクション03
斬!

ゲームでも、ナハト・ブレードがメイン武器でしたのでしっくりきますね!
もう一本付けてくれれば、中盤の二刀流が再現できたのですが。。。

イフリート・ナハトアクション04
クナイで!

ゲームでは投げる武器でした。
しかも相手がマヒするという、ずるい武器w
クナイからの格闘コンボをよくやっていました。

イフリート・ナハトアクション05
クナイで突撃!

キットのクナイは、イフリート・シュナイドのヒート・ダートと比べて大きめなので、見栄えがいいですね!

というわけで、HGUCイフリート・ナハトでした!
プロポーションは文句なしにカッコいい!
最近のキットなので、フォーマットも新しく関心しました!
元のカラーリングもあり、部分塗装もグレーとスラスター内部のオレンジくらいで済みます。
ただ、まあデザインのせいですが足の可動がちょっと残念でしたね。

総合評価:★★★★☆