HGUC 1/144 高機動型ザクII(本国防空部隊仕様)

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

MSVと言えば高機動型ザクII、では高機動型ザクIIと言えば?
一般販売で、過去キット化されているのは黒い三連星機シン・マツナガ機ジョニー・ライデン機ですね。
だが私はあえて言おう!名もなき兵士が乗っている一般機こそがザクではないかと!w

そんな折、MGではなぜか高機動型ザクII祭りがやっていて、なんでMGやねんHGUCでやってくれと嘆いておりました。
しかし、唐突に1/144スケールのガンダムデカールMSV汎用①が発売され、お!これを使えばHGUCでもいろいろ作れるぞ!と当時の私は思ったわけです。

しかも、マツナガザクは形式番号こそMS-06R-1Aですが、デザインはR-1型そのままです。
これを使えば、色を塗るだけで一般機、いわゆる本国防空部隊仕様が作れる!!

元キットのマツナガザクは、2013年3月発売の定価1728円。
内容物は、6ランナー+ポリキャップ+シール2種です。
そしてそれに貼るガンダムデカールMSV汎用①は、2017年10月発売の定価432円です。

ZKR11001.JPG
フロントビューです。

MSVハンドブックの設定画のイメージを、現代のキットで再現!(できていると思いたい)
マツナガザクキットのままではありますが、右肩スリット、スパイクアーマーのモールド、ひじの丸モールドのへこみ、こぶしの突起、フロントアーマーの突モールドなどR-1型の特徴をとらえています!
主な塗り分けは3色で、ダークグリーンの部分は、胸部、股間部分のみ色味が違います。

高機動型ザクIIリアビュー
リアビューです。

バックパックの塗り分けは、設定画の正面からチラ見えする部分から推測し、MGのブレニフ機とは違うパターンにしました。
スカート部分の特徴的なラインデカールは、位置合わせがなかなか大変でした。
ふくらはぎの形状が、ちゃんとR-1型ですw

高機動型ザクIIバストアップ
バストアップです。

動力パイプを明るい色にしたら、パーティングラインが結構目立ってしまいましたね。
モノアイはキットの通りシールです。

各部可動は、いつも通りなので黒い三連星機を参照のことw

高機動型ザクIIフル装備01
フル装備です。

バズーカ、マシンガンを持たせて、ヒート・ホーク、予備マガジンをマウントしています。
まあ元キットのままなので、特にいうこともないです。
武器にもデカールを貼っていますが、バズーカに「240mmBAZOOKA」って書いているのはシュールですw

高機動型ザクIIアクション01
発進シーン!

スパイクアーマーは結構合わせ目が目立ってしまいますねぇ。
次回への課題にします。

高機動型ザクIIアクション02
後ろから!

高機動型はやはり後ろ姿の情報量が多くてカッコいいですね!
下腕部の合わせ目も、次回の課題ですね。。。

高機動型ザクIIアクション03
バズーカ両手持ちで!

スパイクアーマーのポリキャップ、結構目立ちますね。
次回へのk(略

高機動型ザクIIおまけ01
元キットと並べて。

カラーリングでだいぶイメージが変わって面白いですね!
角なしヘルメットも元キットに含まれているので、本当に色を変えるだけで本国防空部隊仕様になります!
お手軽です!

高機動型ザクIIおまけ02
後ろ姿も。

本当に、なんでマツナガザクがR-1A型なのか意味が分かりませんw

高機動型ザクIIおまけ03
高機動型ザクII大集合!

というわけで、HGUC高機動型ザクII(本国防空部隊仕様)でした!
今回はランナーごと塗装して組んだだけですが、いろいろ問題が見えました。
ランナー塗装が楽だと思いましたが、ゲート跡のリタッチが思いのほか多く全然楽じゃなかったですw
これらは次回への課題として生かして行きたいと思います。
何しろ、まだまだバリエーションはあるのですからw