HG 1/144 水中型ガンダム

| コメント(0) | トラックバック(0)

HG機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSDシリーズより、水中型ガンダムがキット化!!
プレミアムバンダイ限定商品ではありますが、まさかコイツがキット化するとはビックリです!

THE ORIGIN MSDとしてリファインされていますが、元はM-MSVの機体です。
なかなかマイナーな部類のMSだと思います。
個人的には、スーファミのSDガンダムXでの活躍、思い入れが強いですねw
ガンダイバーの愛称で知られています。

キットは、一般販売のHG 1/144 局地型ガンダムのバリエーションキットで、定価は2160円です。
内容物は10ランナー+ポリキャップ+シール2種です。

水中型ガンダムフロントビュー
フロントビューです。

第一印象から派手ですw
カトキリファインが入っているものの、大まかなデザインは大河原先生のままですね。
オリジンMSDの局地型ガンダムは、各部の形状から水中型ガンダムから逆算してデザインされていると考えられます。
まさかここにきて水中型ガンダムからバリエーションが作られるとは!

水中型ガンダムリアビュー
リアビューです。

バックパックの2基のハイドロジェット?が特徴的です。
それにしても、他に類を見ないデザインですね。
MSDで設定されなかったら、まったく派生機が思い当たらないです。

水中型ガンダムバストアップ
バストアップです。

ゴーグルが特徴的ですね。ゴーグル内にはツインアイがあります。
アンテナ基部とメインカメラ部分は、M-MSV版からかなりデザインが変更されています。
頭部は、アンテナ基部とくちばし以外のオレンジのほか、黒い部分を塗装。
ボディの色分けは秀逸で、特に塗装は必要ないです。
肩は、アポジモーターのオレンジを塗装しています。

水中型ガンダム腕可動
腕の可動です。

肩が上にスイングするので、見た目以上に上げることができます。
ひじは二重関節で、160度程度曲げることができます。
右腕にはハンドアンカー、左腕にはハープーン・ガンが装備されています。

水中型ガンダム腰可動
腰の可動です。

回転はできません。写真の位置までひねるのが精いっぱいです。
腰の部分から、腹部を浮かせることで前後左右にスイングすることはできます。
ふんどし部分のVマークが、パーツで分かれているのはなかなかすごいですね。
その割に、フロントアーマーの黒い部分は塗装が必要だったりします。
ももの付け根の黒い部分も、同様に塗装。
膝のダクトをオレンジで塗装。

水中型ガンダム足可動
足の可動です。

フロントアーマーの干渉もあるので、ももは60度くらいの上り幅です。
ひざは二重関節で150度ほど曲がりますね!
足首は、前後左右によく可動しますが、アンクルアーマーはすねのパーツと一体型です。
今どきアンクルアーマー一体型とは。。。昔のHG陸戦型ジムを思い出します。
アンクルアーマー、ふくらはぎのオレンジは塗装。
サイドアーマーや、ひざ下、アンクルアーマーのシーリング部分を黒で塗装。
ふくらはぎ、かかと上のブルーを塗装。
つま先横のブルーはシールで再現です。

水中型ガンダム開脚
本日の開脚!

最近のキットにしては、そこまで開脚しないですね。
まあ、ポーズを決める分には十分ですが。

水中型ガンダム武器一覧
武器一覧です。

偏向ビーム・ライフルとそのカバー?、ビーム・ピック×2です。
武器は塗装が大変ですね。。。ビーム・ライフルは設定では白い部分もあるのですが、勘弁してくださいw

水中型ガンダムフル装備
フル装備です。

と言っても偏向ビーム・ライフルを装備しただけですが。。。
水中用カバーの機能がよくわかりませんw

水中型ガンダムアクション01
発進シーン!

そもそも露出が少ない機体なので、活躍シーンが想像できませんねw
母艦はなんでしょうか。U型潜水艦とかかな?

水中型ガンダムアクション02
正面から。

ジオン水泳部と比べると、だいぶ水の抵抗がありそうなデザインですね。
水中での性能はいかに!?

水中型ガンダムアクション03
ハープーン・ガンを右手に。

左腕から取り外し、グリップを展開することで手で持つことができます。
ハープーンってことは、銛ですかね?
成形色が白のみなので、オレンジやブルーは塗装しています。

水中型ガンダムアクション04
ビーム・ピックを構えて。

ピックとはいうものの、キットではサーベルと何ら変わりありません。
それにしても、ハープーン・ガンの合わせ目が目立つ。。。

水中型ガンダムアクション05
上陸後のイメージ。

アンクルアーマーが固定なのもあってか、設置性はそこまでよくないですね。

というわけで、HG水中型ガンダムでした。
キットの良し悪し以前に、そもそも水中型ガンダムがキット化する時点で驚きを隠せませんでしたw
キットとしては、堅牢なつくりで色分けもかなり頑張っています。
しかしながら、もともとのデザインがアレなため、細かい部分はかなり塗装が必要です。
コレクションとしては、ぜひ手元に置きたい一品ではありますねw

HGUCではもうMSVが期待できないので、今後はTHE ORIGIN MSD枠に期待しています!

総合評価:★★★★☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://t-o-hobbies.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1706

コメントする

広告

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.2.4

ブログランキング

ブログランキングへ
参加しています

気に入って頂けたらクリック
お願いしますm(_ _)m

人気ブログランキング にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村 プラモ・模型ブログランキング

ショッピング

このブログ記事について

このページは、T.Oyamadaが2018年5月13日 21:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「製作中!! HGUC シン・マツナガ専用高機動型ザクII(3)」です。

次のブログ記事は「製作中!! HGUC ジム・スナイパー(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。