HGUC 1/144 ジム改(スタンダードカラー)

だいぶ前に作ったのですが、なぜか記事にしていなかったので今更ながら紹介です。
機動戦士ガンダム0083に登場したジム改ですが、なぜかスタンダードカラーは限定キットw
いわゆるカトキジムなので、人気はあると思うのですがねぇ。

キットはボール改修型とセットで、プレバン限定で売っていました。
ジム改については6ランナー+ポリキャップ+シールで構成されています。
一般発売のデザートカラーの色違いバリエーションとなっています。

ジム改(白)フロントビュー
フロントビューです。

ジムカラーですね。機体色は、写真よりも結構緑がかっています。
プロポーションは最近のHGUCよりガッチリ目ですね。

ジム改(白)リアビュー
リアビューです。

このキット一番の問題は、バックパックが塗装しないと真っ赤ということですw
スイッチできなかったんですかねー?
バックパックのグレーの他、肩スラスターのグレーと赤、バーニア内部の赤、手の甲とアンテナを機体色に塗装しています。

ジム改(白)バストアップ
バストアップです。

普通のジムともカラーリングパターンが違うんですよね。
カメラアイ内部をシルバーで塗装。

各部可動や武器一覧は、デザートカラーの方を見てやって下さいw

ジム改(白)フル装備01
フル装備です。

90mmマシンガンとシールドを装備。
ザ・量産スタイルなところがいいですw

ジム改(白)フル装備02
バズーカを装備。

パワードジムの頃から文句言っていますが、うまく保持できません。
シールドの裏側のグレーも塗装しています。

ジム改(白)アクション01
バズーカで。

古いキットだったので、3mm軸のベースが使えませんでした。
ガブスレイやアッシマー付属のベースに対応しています。
写真はドラッツェのものです。

ジム改(白)アクション02
マシンガンで。

さすがに最近のキットと比べると、可動範囲が狭いですが、ポージングには不自由しないです。

ジム改(白)アクション03
サーベルで。

サーベルの刃はキットに付属しません。
このころのキットの特徴である、汎用手首がなかなかいいですね。
平手なんかは、ポーズの表情付けに一役買っています。

ジム改(白)おまけ01
ソーラーシステム防衛セットw

ボール改修型と並べると雰囲気がでますね。
まあまったく活躍はありませんでしたがw

ジム改(白)おまけ02
デザートカラーと並べて。

どちらの配色パターンも、結構使われるようになりましたね。
パターンの違いを楽しむのも、量産機の醍醐味かとw

ジム改(白)おまけ03
うしろから。

色は違えども、パターンはそんなに変わらないですね。

というわけで、ジム改(スタンダードカラー)でした。
スタンダードカラーなのに、なぜ一般発売してくれないのか!w
その一言に尽きます。

総合評価:★★★☆☆