HGUC 1/144 ギャン(REVIVE)

機動戦士ガンダムより、まともに戦いをやろうとしないことで有名なマ・クベ大佐の乗機、ギャンがREVIVE版で登場!
何気にレアMSで、劇場版の3部作には登場しない不遇の機体です。

キットは1999年にHGUC No2として発売されたギャンのREVIVE版として、2016年5月に発売!
定価は1296円で、内容物は7ランナー+ポリキャップ+シールです。

ギャンREフロントビュー
フロントビューです。

アニメ版から若干アレンジされ、各所にモールドが入っています。
MGと同じアレンジですかね?
1/144にしてはなかなかの密度感です。
コクピット部分の水色がかった白を塗装。

ギャンREリアビュー
リアビューです。

リアアーマーが長いですね。
スマートな割に、すそが広がっています。

ギャンREバストアップ
バストアップです。

独特な頭部の形状です。NGワード:ケムール人
モノアイはシールで、モノアイレールは黒で塗装しています。
頭頂部のアンテナが妙にエッジがたるいですね。シャープに加工した方がいいかもしれません。

ギャンRE腕可動
腕の可動です。

肩の接続部に切り欠きがあり、水平以上に可動します!前後スイング機構もあります。
また、ひじ関節は二重関節でほぼ180度可動します!
よくよく見ると、ひじの曲がり方がおかしいですねぇ。

ギャンRE腰可動
腰の可動です。

回転は360度、前かがみギミックがあります。
しかし、ジオン驚異のメカニズムはさらに次の動作を可能としました!

ギャンREお辞儀
ガンダム=サン、ハジメマシテ、ギャンです。

おお!何たることか!このキットはオジギをしているではないか!
腰の接続部が浮き上がることによって、さらに前かがみになることができます!スゴイ!
まあ、可動領域が増えるのはうれしいですが、そこまで恩恵はないような気もしますw

ギャンRE足可動
足の可動です。

フロントアーマーが干渉するため、ももはそこまで上がらないものの、ひざの可動はすさまじくかなり曲がります!
また、HGシリーズでは珍しくつま先にも可動部があります。

ギャンRE開脚
本日の開脚!

すごいの一言ですねw
まあ、すそのデザイン上、接地性はあまりよくないです。

ギャンRE武器一覧
武器一覧です。

ビーム・サーベルとシールドのみです。
シールドには、ニードル・ミサイルとハイド・ボンブが内蔵されています。

ギャンREフル装備
フル装備です。

潔い装備ですね。
まさに騎士です。宇宙の騎士てkk・・・おっと誰か来たようだ。

ギャンREアクション01
サーベルを構えて。

可動軸が付いた手首パーツで、いろいろな角度でサーベルを構えることができます。

ギャンREアクション02
発進シーンをイメージして。

首も上を向くことができます。
どんだけ可動部多いんだよギャンw

ギャンREアクション03
シールドを構えて。

シールドの接続部が変形して、真正面に構えるポーズをとることができます!

ギャンREアクション04
フェンシングポーズで。

手首の可動がいい感じです!

ギャンREアクション05
決めポーズ!

妙にかっこよく決まりましたw

ギャンREおまけ01
「シャア!退けー!」REVIVE版w

このギャンならやってくれそう。

ギャンREおまけ02
テキサスの攻防の1シーンをイメージ!

ギャンREおまけ03
旧HGUCと並べて。

旧はのっぺりしすぎですね。
成型色も全然違います。
シールドはあまり変わりませんが。

ギャンREおまけ06
後ろから。

バックパックのモールドもだいぶ細かくなりました。

というわけで、HGUCギャンREVIVE版でした。
最近のジオン系MSのキットは、当たりが多いですね!
可動範囲は間違いなく最近のHGUCで最強かと。
ギャンなのに全く隙がない!
これは、いいものだ!!w

総合評価:★★★★★